読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ModeHack

iPhone系やハック系、面白いと思ったものを記事にしていきます。

最近になってRSSアプリをSylfeedからReederに変えてみました。


FlickrIMG_4721 by LoodHack
博識@ブロガー (ACEport) on Twitterです。

最近になってでもないですがiPhoneで使うRSSアプリをSylfeedからReederへ乗り換えてみました。ちなみに今までSylfeedに機能などを不満に思ったことは無いです。その経緯を今回はご紹介。

iPhone4Sでの使用

僕は2年前程からiPhone4Sを使っています。スティーブ氏が最期に手に持ち発表したiPhoneですね。RAMが500MB程で以前使っていたiPhone3GSから買い換えたら驚くほど速くなっていたのが印象的でした。

が。

そのiPhone4Sも今や2年前に出た端末。中々に最近の多機能性を持ったアプリやグラフィックが綺麗なゲームにはついていけないところがあります。そこが今回一番話したいところです。

Sylfeedをなぜ使わなくなったか

SylfeedというRSSアプリがあります。以前から長く長く使っていたアプリです。僕のホーム画面中でも1.2を争う程古くからいますね。でもそのSylfeedを最近使うことが無くなりました。原因は重いのです。

例えば、SylfeedからSharehtmlなどをsendtoでTextforceなどに送信。戻る。→アプリが落ちていて参考にしたり情報を整理しようとすることがスムーズにできない。もちろんメモリ解放後試してみても同じです。

こんな不満がたくさんありました。確かにsendtoはSylfeedにしかない機能だけどスムーズに使えないなら…と思って目についたのがReeder

ReederはiPhone4Sでもサクサク

そんな時に昔に少しの間使っていたReederを思い出しました。スタイリッシュなUIと軽やかな動作が印象的に残るアプリだったので早速AppStoreから再インストール。で、Feedlyでログインして使ってみた結果…

サクサク。

これに尽きます。マルチタスク移動やアプリ使用中に落ちることはまずありません。しかも例えメモリ解放などで落ちても前に開いていた記事を再び表示してくれるのでとても助かっています。

そんなこんなで晴れた鬱憤(≧∀≦)。ブログも今までよりも早く書けているような気がします。

しかしiPhone6を購入したらSylfeedを試してみたいと思ってます。RAMが2GBとの噂もあるのでサクサク…もあるかもしれません。

関連記事